システムトレードとは?

FXと日経225先物のシステムトレードを説明する前にシステムトレードの全般とメリット・デメリットについて引用しながら説明します。

システムトレードとは

システムトレード(system trade)とは、投資を行う際に裁量を排し一定売買ルールに従って売買を行う方法を指す和製英語。通常コンピュータに行わせる非裁量トレードの事を言う。

複雑な計算と最速での執行が求められるため、通常はコンピュータに行わせるが、テクニカル分析であろうと、ファンダメンタル分析の指標を用いたものであろうと、広義には自分自身のシステムに基いて取引を行うことをシステムトレードと言う。

ウィキペディアより

システムトレードのメリットとデメリット

システムトレードのメリット

1. 「欲」や「希望」などの感情を切り離して取引をすることができる

2. 自分で売買の判断をしなくてもいい

3. 決済も自動で行ってくれる

インヴァスト証券より

システムトレードのデメリット

1. あらかじめ決めたルールがすべての相場状況に通用するとは限らない

2. 相場の急変時に対応することが難しいこともある

インヴァスト証券より

まとめ

利益を出し続けてくれるシステムが条件ですが、システムトレードは、トレードに費やす時間を解放してくれます。

また、裁量取引のヘッジや副業として検討するのも良いでしょう。

FXのシステムトレード

メタトレーダーとは

多くのシステムトレードが使用しているメタトレーダー は、日本時間の月曜の朝に一度プログラムを起動すれば、その週の土曜日の朝まで24時間自動でFXの売買を行うソフトウェアです。

メタトレーダーは、ロシアのMeTaQuotes Software社が開発したWindows PC用外国為替証拠金取引 (FX) ソフトで、正式名称は「MetaTrader 4 Client Terminal (MT4)」や最新バージョンの「MetaTrader 5 Client Terminal (MT5)」です。

メタトレーダーMT4のサンプル画像

メタトレーダーは、多くのFXブローカーがFXの取引ソフトとして無料で提供していて、メタトレーダーに内蔵しているプログラミング言語(MQL)で独自のテクニカル指標を表示させたり、Expert Advisor(EA)による自動売買が可能になります。

メタトレーダーの主な特徴は

  • 無料の高性能トレードソフト
  • 日本語のサポート
  • リアルタイム・レートの表示
  • 高性能なチャートの表示
  • 独自のテクニカル指標のプログラミング
  • 発注機能の内蔵
  • FXや商品CFDの自動売買の実行

です。

このサイトでは24時間FXの取引を自動で行うことが可能なExpert Advisor (EA) を案内していますq

FXブローカー

メタトレーダーでFXの自動売買を行うにはメタトレーダーを採用しているFXブローカーの口座を開設する必要かあります。

日本語のサポートが充実しているOANDA Japanで口座を開設すると良いでしょう。

MT4/MT5のEAが無料でもらえる口座開設キャンペーンを実施しているFXブローカーもお勧めです。

また、トレード回数やロット数に応じてキャッシュバックが貰えるCashBackForex経由で口座を開設するのも良いでしょう。

メタトレーダーの参考書籍

自力でFXの自動売買のシステムを作るなら書籍で勉強するのも良いでしょう。

日経225先物のシステムトレード

日経225先物のシステムトレードは、メタトレーダーほど確立したソフトウェアはなく、独自で開発したソフトやEXCELで計算した売買サインで取引するのがほとんどです。

先に紹介したMT5で、日経225先物のチャートを表示する機能や自動売買を実装している証券会社もありますが、まだ数は少ないようです。

当サイトでは日経225先物のシステムトレードをこちらで検証していますので参考にして頂ければと思います。

systemtradeをフォローする
システムトレードに24時間働いてもらう