FREE225の4月25日のトレード結果

FREE225の成績

FREE225とは

これまで検証してきた日経225先物システムトレードソフト デイズリッチ2020(日中版)、ナイツ2020(オーバナイト版)およびデイリー2021(1DAY版)が一つにまとまりFREE225として2021年6月にリリースされました。

各システムのトレード時間帯は下の通りです。

FREE225の3つのシステム

今回のFREE225のリリースにあたり販売方法が従来から変わります。

これまでは各ソフトを購入する必要がありましたがFREE225では1ヶ月間または3ヶ月間の利用に対して料金を支払う方法になります。

1ヶ月間の利用料金は19,800円で3ヶ月間の利用料金は39,600円と1ヶ月の利用料金に比べて1ヵ月分お得になります。

利用期間が過ぎて引き続き利用する場合は更新が必要です。

この変更によりシステムトレードの運用コストが下がると共に三つの異なったシステムを同時に利用することで運用のリスクを下げることができます。

4月1日から4月25日までの月間損益

検証開始後から4月25日までの年間損益

損益表について

  • 青い数字は利益(+記号は付けていません)で赤い数字は損失です。
  • 日付は決済日でなくポジションを取った日です。
  • 単位は円で10円の値幅ならミニ1枚は±1000円、10枚なら±10000円の損益です。
  • 縦軸に日付、横軸にそれぞれのシステムの損益と合計を入れています。
  • TP/LCはソフトが指示した利益確定(Take Profit)または損切(Loss Cut)指定による損益です。

FREE225のホームページ

FREE225の詳しい説明と申込は下のホームページをご覧ください。

1ヶ月の更新 (19,800円) の説明と申し込みはこちらのホームページです。

3ヶ月更新 (39,600円) の説明と申し込みはこちらのホームページです。

クリックまたはタップでFREE225の1ヶ月版のホームページに移動

免責事項

  • FREE225の損益は細心の注意をはらって記載していますが計算や記載のミスがあった場合はお許しください。
  • 当方はFREE225を利用してなされた行為と結果について一切の責任を負えませんのでご了承下さい。

ブログランキングに参加中です!応援クリックしてもらえると嬉しいです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

FREE225
この記事をシェアする
システムトレードに24時間働いてもらう